the居抜き物件 賢く借りよう

居抜き物件は上手に借りることができれば、出店のコストを大幅に抑えることができます。
そのため、居抜き物件を選ぶ時には譲り受ける設備ができるだけ、使い回すことができる物を選ぶことがポイントとなってきます。
まるまる設備を流用するということになれば、看板を掛け替えるだけですぐに営業を開始することができるので出店の費用に時間の節約がつながりお得です。
居抜き物件をさらに賢く借りるためには、前のオーナーの退去が迫っている物件を狙うと安く設備を手に入れることができます。
退去が迫ってきていると前のオーナーはテナントを元の状態に戻して返さなければならなくなってしまうので、残った設備をただでもいいから引き取って欲しいという状況になることがあるのでそれを狙えばお得に既存の設備を手に入れることができます。

居抜き物件はどれだけ設備が使えるかをチェックして

居抜き物件は出店の費用を大幅に抑えることができるという利点があるわけですから、その強みを活かすことができる物件を借りることが基本となります。
そのため、物件を選ぶ時には残っている設備がどの程度使えそうか、レイアウト等に問題がないかということをチェックしておく必要があります。
残っている設備を使い回すことができるのであれば費用の削減につながりますが、逆に不要なものがたくさん残っていれば逆に処分をするのにお金がかかってしまうことになります。
そうなっては居抜き物件のメリットになる部分がデメリットになってしまいますから、賢く借りるためには流用できる設備が多いものを選んで追加の設備投資は最小限に抑えることができるものを選ぶということがポイントとなってきます。

ぎりぎりまで待つとお得に借りられることが

居抜き物件を借りるときには、造作譲渡料というものが発生するのですがこれは一体どのようなものかというと残っている設備や造作を譲渡してもらう対価として支払うお金ということになります。
新しい設備などが多い場合には当然それらのものに価値が有るわけですから、前のオーナーは退去をすることを決めた場合ただで手放すのは惜しいという気持ちになり、この金額で次のオーナーに譲りたいという金額を設定します。
これが造作譲渡料というものになるのですが、造作譲渡料は退去が迫ってくると安くなる傾向にあるのでギリギリに契約をすれば有利に借りることができるのです。
その理由としてはテナントが退去するときには原状回復をしなければなりませんから、設備を撤去するのに費用を払うぐらいなら無料で引き取って欲しいあるいは格安で良いので引き取って欲しいと考えるオーナーもでてくるためです。